診療科のご案内

肛門科

肛門科について

当科では痔でお悩み患者様から便秘、痔瘻、直腸がん、人工肛門の患者様まで幅広く診させていただいております。
当科で特に男女とも最も多い疾患が「いぼ痔」(痔核)です。当科では、痔を切らずに治療するALTA療法(内痔核四段階注射法)を導入しております。ALTA療法は低侵襲で、術後の痛みも少なく好評を頂いており、年間約150例と南信地区では最多となっております。
※毎週水曜日の午後は女性医師の診察となっております。

主な症状や疾患

  • 内痔核
  • 外痔核
  • 痔瘻
  • 裂肛
  • 便秘症
  • 肛門周囲膿瘍
  • 直腸がん

担当医師

 小松医師

小松大介
秋田大学医学部卒

専門:外科・消化器外科・肛門科

所属学会(2019年7月現在)
日本外科学会(指導医・専門医)、日本消化器内視鏡学会(専門医)、日本消化器病学会(専門医)、日本消化器外科学会(指導医、専門医)、日本がん治療認定機構(がん治療認定医)、消化器がん外科治療認定医
原

原典子
東京女子医科大学医学部卒

専門:内科 肛門科

診察当番表

午前小松小松小松小松
午後小松小松・原小松・原小松
診療科目一覧