診療科のご案内

呼吸器内科

呼吸器内科について

咳や痰、気管支炎、喘息、肺炎、睡眠時無呼吸症などの呼吸器疾患を対象とし、高分解能CT、スパイロメーター、ポリソムノグラフィーを用いて診断・治療をしております。咳は風邪がきっかけで咳がでることが多いですが、風邪をひいてから2週間以上咳が止まらない場合や、夜間に激しい咳が出て眠れない場合は、風邪以外の原因の可能性もありますので、早めの受診をおすすめします。 また自然気胸や膿胸に対する処置や、長期の人工呼吸器装着患者の入院対応、インフルエンザおよび肺炎球菌の予防接種も行っております。

主な症状や疾患

  • 肺炎
  • 自然気胸
  • 喘息
  • 呼吸不全
  • 肺がん
  • 膿胸
  • 気管支炎
  • 胸膜炎
  • 肺血栓塞栓症
  • アレルギー
  • 花粉症
  • 慢性閉塞性肺疾患(COPD)
  • 睡眠時無呼吸症候群(SAS)

担当医師

木野田文也
信州大学医学部卒

専門:呼吸器内科

所属学会(2019年7月現在)
日本内科学会(総合内科専門医)、認定国内山岳医、日本呼吸器学会

診察当番表

午前木野田木野田
午後木野田木野田
診療科目一覧